交通事故の問題

弁護士をつけた方がよいのはどういうときか

あっ、ぶつけられた・・・
交通事故はそんな感情から始まるネガティブなストーリーです。
ひとくちに交通事故と言っても、まず大きく2つに分かれます。

単独事故

単独事故は自らの責任で起こしたことなので、生じてしまった損害を、保険等を利用しながら取り戻していくしかありません。

社会的事故

いわゆる交通事故と言われるものです。単独事故との違いは相手方がいることです。

相手方がいることでそこに人間関係が生じ、利害の不一致がある場合に問題が生じます。

では、交通事故の相手方とは・・・

主に以下の3つの場合に分けられます。

① 当事者② 保険会社③ 弁護士

○の場合は、弁護士に依頼をした方がいいケースと思います。
△の場合は、ケースバイケースで考えてみてください。

① 相手方当事者(あるいはその親族)

当事者同士の交渉は利害の不一致から感情の衝突が起きることもあります。

② 相手方加入の損害保険会社

損害保険会社はその会社や担当者にもよりますが、うまく話が進んでいればそのままでいいと思います。

③ 相手方が依頼した代理人弁護士

弁護士はあくまで相手方の代理人です。つまり相手方の味方です。そして法律のプロです。ご自身で対応できますか。

交通事故で問題となる要素(=争点)

交通事故は種類によっても大きく二つに分かれます。これを上記の社会的事故との関係性で見ると以下の表の通りになります。

当事者保険会社弁護士
物損事故
人身事故
当事者保険会社弁護士
物損事故
人身事故

▶スワイプすると全体をご覧いただけます

6つの中でもっとも問題になるケースが多いのはどの区分だと思いますか。

交通事故で問題となる要素(=争点)として、主なものに以下の2つがあります。

  • I. 責任論(責任の有無あるいは程度)
  • II. 損害論(損害についての金銭的評価)

専門用語で恐縮ですが、これも社会的事故ならびに事故の種類との関係で整理すると下表のようになります。そして、主だった問題点をいくつか挙げてみます。

弁護士に依頼すべきか事故種類I. 責任論II. 損害論
物損
  • 過失割合(責任割合)
  • 被害事故
  • 評価損
  • 全損時価額
人身
  • 素因減額
    ※ご自身にある疾病等の影響
  • 事故形態
  • 治療期間(例えば、頚椎捻挫の場合)
  • 休業損害
  • 後遺障害
  • 慰謝料
  • その他
弁護士に依頼すべきか事故種類I. 責任論II. 損害論
物損
  • 過失割合(責任割合)
  • 被害事故
  • 評価損
  • 全損時価額
人身
  • 素因減額
    ※ご自身にある疾病等の影響
  • 事故形態
  • 治療期間(例えば、頚椎捻挫の場合)
  • 休業損害
  • 後遺障害
  • 慰謝料
  • その他

▶スワイプすると全体をご覧いただけます

物損事故については、弁護士に依頼すれば、賠償額が大幅に増えるといったことはあまりありません。ただし、過失割合や損害の評価額を巡り争いになっている場合には、交通事故の確かな経験を有する弁護士に依頼することで良い結果につながる場合もあります。物損事故の場合に、弁護士に依頼するかどうかは、ご自身で決められてはいかがでしょうか。自動車保険には弁護士特約が付いていることもあり、弁護士費用が保険でカバーされ、ご依頼者様の負担がない場合もあります。この場合には、費用がかかりませんので、弁護士に依頼をしてより良い結果を目指すことを積極的に検討してもよいかと思います。

人身事故の場合には、治療期間の問題や慰謝料や休業損害の問題が出てきます。事故被害者が弁護士と相談をし、早めに知っておいた方が良い情報もあります。

また、治療費を保険会社が立て替える対応をしており、その対応を打ち切ると通告された場合にも、弁護士が入ることで、状況が変わる場合もあります。

さらに、保険会社の提示する賠償額は、弁護士が就いた場合には、増額されることも多々あります。 このようにみてくると、人身事故の場合には、早期に弁護士に依頼するメリットは大きいものと言えます。弁護士特約が付いている場合はなおさらそう言えます。

高崎の弁護士 都行志は、3つの特徴を強みとしております。

① 平日夜、土日祝日の相談、スケジュールがあえば当日も対面でのご相談が可能です。

事務所にお越し頂けない事情がある場合でも、ご自宅や勤務先、最寄りの駅などにこちらからお伺いすることも可能です。

ご依頼者様のご希望を最優先にし、調整させて頂きます。

英語でのご相談も可能です(Consultation in English Available

② ご依頼者様とよくコミュニケーションをとり迅速に動きます。

報道機関で報道記者として働いていたときは、数分を争うスケジュールの中で記事を書き、報道していました。

ご依頼者様にとって、問題があれば早く解決し、安心したいと思うのが普通ではないでしょうか。私はその思いを受け、よくコミュニケーションをとり、迅速に動くことを目指しています

③ ご料金は事前に明確に提示させて頂きます。

ご料金は事前に明確に提示させて頂きます。見積書をお出しすることも可能です。

ご説明の上、ご納得いただいた上で、契約書を締結させていただきます。

経済的に困難な事情がおありの方には、分割払いにすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

交通事故の問題でお困りですか?

交通事故の問題について全ての解説を見る

弁護士との直接法律相談ができます

弁護士に直接
相談できます

高崎の弁護士に直接相談することができます。
法律相談だけで依頼されなくても構いません。
お困りの際はお気軽にご連絡ください。

弁護士に直接相談できます
ご予約お問い合わせはこちら

027-310-3850

電話受付
9:30〜21:00

メール

Access

弁護士法人MIA法律事務所 高崎みやこオフィスの
ご案内

  • 住所・連絡先

    群馬県高崎市栄町2-10
    きむらビルⅢ-2階
    弁護士法人MIA法律事務所 高崎みやこオフィス
    TEL:027-310-3850

  • 営業時間

    9時30分~21時
    事前予約で夜間や土日の相談に対応します

  • 交通アクセス

    高崎駅東口から徒歩4分
    事業所情報を詳しく見る

  • 高崎の弁護士 都行志が所属する法律事務所の外観
  • 弁護士が高崎の皆さまの法律問題を解決いたします
  • 高崎の弁護士 都行志が所属する法律事務所の相談室
  • 高崎の皆さまへ お気軽にお問い合わせください

Flow

法律相談の流れ

01

弁護士との法律相談の予約

法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談だけで依頼されなくても全く問題ありません。お困りの際は、まずはお気軽にご相談に起こしください。

02

弁護士と法律相談

弁護士に直接法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際は内容をまとめたメモや資料をお持ちになるとスムーズです。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

03

弁護士に事件を依頼したい場合

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の費用や見通しについてもご説明いたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

高崎の弁護士 都行志
弁護士に直接法律相談できます
法律相談のご予約お問い合わせはこちら