男女間の問題

不貞による慰謝料を請求された

弁護士が介入することで請求が止まることも

不貞による慰謝料を請求されたとの相談は、近年大変多くなっております。東京虎ノ門で約3年間弁護士をやっていた際は、慰謝料請求を受けている男性のご相談を多く頂いておりました。高崎市で事務所を開業してからは男性からのご相談がやはり多いものの、女性からも数多くの不貞による慰謝料請求事件のご相談を頂いております。例えば、以下のようなご相談が多く寄せられております。

  • 既婚の女性(男性)と不倫をしてしまったが、相手の夫(妻)に慰謝料をも請求されてしまった
  • お互い既婚者で、不倫を行っていたが相手の夫(妻)から不貞を認める念書を書くように求められている
  • 不倫を行っていた相手から、責任をとって欲しいと多額の金銭を要求されている

ご相談者様の中には、違法な行為をしたとの罪悪感からか、弁護士に相談してもよいものか迷われた末に、来所される方もいます。

しかし、不貞行為がもう大分昔の話であったり、そもそも請求をしている方が十分な証拠も持ち合わせていないにもかかわらず、過大な請求を行っているケースも中には見受けられます。このような場合、弁護士が介入すると不当な請求が止むということは、少なくありません

ご相談者様の中には、弁護士に委任する前に、相手方の過大な要求を認めて一筆書いてしまい、非常に不利な状況に陥ってしまうこともあります。こうなってしまうと挽回するのは非常に困難になってしまうことから、不当な要求だと思われたら、早い段階で弁護士に相談してもらうことが大事だと考えます。

早い段階での弁護士への相談により、慰謝料請求を排除したり、請求額を減額するアドバイスを行うことが可能になるからです。

請求を受けた場合はどうすればよいか?

請求を受けた側の反論としては、大まかに

  • そもそも不貞をやっていない
  • 性的な関係を持った相手が既婚者であると知らなかった

との反論が考えられます。

これらの反論は、ただ主張するだけで通るという簡単なものではないことが多いです。請求する側も証拠を十分に収集している可能性もあるからです。

こちらとしては、交渉段階で、相手方がどのような証拠を持っているか、それに対してこちらがどのような準備をすることが可能なのかを十分に検討する必要があります。

また、交渉段階から、訴訟になる可能性も踏まえて、論理一貫した反論を準備し、それに基づいた証拠を集め、準備しておくことが必要です。弁護士としっかりとした打ち合わせ、対策を行っておくことが望ましいでしょう

弁護士と証拠の打ち合わせを

他の事件でもそうですが、裁判になれば証拠の有無、どのような証拠をお互いが持っているかが重要になってきます。不貞を行ったことが明らかな証拠を相手方が持っている場合は、当然こちらの立場は厳しくなりますから、早期に和解をした場合が望ましい場合もあります。

弁護士は、裁判実務を通して、証拠の見方、価値について経験を持っているため、証拠については、弁護士と綿密な打ち合わせを事前にすることが望ましいと考えられます。

稀に、ご依頼者様にとって不利な事実を弁護士には話されない方がいますが、訴訟の段階になって、相手方からこちらに不利な証拠が突然出され、裁判所の心証が一気に悪化してしまう恐れもありますので、ご相談段階では、ありのままに事実を話して頂く方が後々不利な立場にならないためにも重要です。

弁護士は、ご依頼者様にとって最善を尽くしますので、弁護士を信頼し、全てを話して頂いた上で、交渉や訴訟を進めていくことが最善です。

高崎の弁護士 都行志にご依頼いただくメリット

高崎の弁護士 都行志は、既婚者の男性のご依頼者様の案件を多数扱ってきた実績があります。最近は女性のご依頼者様のご依頼も増えてきております。相手方の夫などからしつこく督促され、精神的に参ってしまわれるご相談者の方も過去にはおられました。そのような時こそ、弁護士が防波堤になることで、交渉の全面に立ち、過大な請求を食い止めることが可能となります

高崎の弁護士 都行志は、3つの特徴を強みとしております。

① 平日夜、土日祝日の相談、スケジュールがあえば当日も対面でのご相談が可能です。

事務所にお越し頂けない事情がある場合でも、ご自宅や勤務先、最寄りの駅などにこちらからお伺いすることも可能です。

ご依頼者様のご希望を最優先にし、調整させて頂きます。

英語でのご相談も可能です(Consultation in English Available

② ご依頼者様とよくコミュニケーションをとり迅速に動きます。

報道機関で報道記者として働いていたときは、数分を争うスケジュールの中で記事を書き、報道していました。

ご依頼者様にとって、問題があれば早く解決し、安心したいと思うのが普通ではないでしょうか。私はその思いを受け、よくコミュニケーションをとり、迅速に動くことを目指しています

③ ご料金は事前に明確に提示させて頂きます。

ご料金は事前に明確に提示させて頂きます。見積書をお出しすることも可能です。

ご説明の上、ご納得いただいた上で、契約書を締結させていただきます。

経済的に困難な事情がおありの方には、分割払いにすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

慰謝料請求を受け、お困りの方は、まずはご連絡ください。

男女間の問題でお困りですか?

男女間の問題について全ての解説を見る

弁護士との直接法律相談ができます

弁護士に直接
相談できます

高崎の弁護士に直接相談することができます。
法律相談だけで依頼されなくても構いません。
お困りの際はお気軽にご連絡ください。

弁護士に直接相談できます
ご予約お問い合わせはこちら

027-310-3850

電話受付
9:30〜21:00

メール

Access

弁護士法人MIA法律事務所 高崎みやこオフィスの
ご案内

  • 住所・連絡先

    群馬県高崎市栄町2-10
    きむらビルⅢ-2階
    弁護士法人MIA法律事務所 高崎みやこオフィス
    TEL:027-310-3850

  • 営業時間

    9時30分~21時
    事前予約で夜間や土日の相談に対応します

  • 交通アクセス

    高崎駅東口から徒歩4分
    事業所情報を詳しく見る

  • 高崎の弁護士 都行志が所属する法律事務所の外観
  • 弁護士が高崎の皆さまの法律問題を解決いたします
  • 高崎の弁護士 都行志が所属する法律事務所の相談室
  • 高崎の皆さまへ お気軽にお問い合わせください

Flow

法律相談の流れ

01

弁護士との法律相談の予約

法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談だけで依頼されなくても全く問題ありません。お困りの際は、まずはお気軽にご相談に起こしください。

02

弁護士と法律相談

弁護士に直接法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際は内容をまとめたメモや資料をお持ちになるとスムーズです。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

03

弁護士に事件を依頼したい場合

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の費用や見通しについてもご説明いたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

高崎の弁護士 都行志
弁護士に直接法律相談できます
法律相談のご予約お問い合わせはこちら